いつもありがとうございます!!
コーチ社労士事務所 代表の池澤です。

ありがたいことに8月まで研修の日程は
ほぼ埋まってしまいました。

登壇は秋以降になりますが
引き続き研修のご依頼をお待ちしております。

昨日は高知県産業訓練協会様主催の
「実践!楽しくコーチング研修」にて
部下育成のためのコミュニケーションについて
学びました

コミュニケーションにおいて
もっとも大切なのは信頼関係
信頼関係を築くうえでの
マインド、自己基盤を学びます

その後に
信頼関係のうえに成り立つ
スキル(技術)を学んでいきます

聴き力をつけるには
全身を使って聴くこと

表情やしぐさから
色々なものを読み取れることを
体感して頂けたと思います

講座開始前と
講座開始後の
お互いの印象についても
シェアしていくなかで

日頃から
自分はどう見られたいのか?
相手に与える印象を意識して
毎日を過ごすこと

それぞれに良い気づきを
持ち帰って頂けたのでは
ないでしょうか?

公開型「コーチング研修」
次回の予定が決まりましたら
お知らせします。

研修のお問い合わせなどは、コーチ社労士事務所へご連絡ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!

 

 

本日も、ご覧いただきありがとうございます。

コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

 

平成31年4月1日から、労働基準法が改正され、

年次有給休暇の年5日の時季指定が義務化されました。

当ブログ(3月14日の記事はこちらから)でも触れておりましたが、

5月になり、厚生労働省から新たにリーフレットが公表されております。

就業規則への記載の方法なども書かれてありますので、ぜひご確認くださいね。

 

厚生労働省リーフレット

・「年次有給休暇の時季指定について就業規則に記載しましょう

・「年次有給休暇の時季指定を正しく取扱いましょう

 

ご質問などはコーチ社労士事務所へお問い合わせください。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本日も、ご覧いただきありがとうございます!

コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

平成31年4月1日から、子ども・子育て拠出金率*」が、引き上がりましたのでお知らせいたします。

(*厚生年金保険の被保険者を使用する事業主の方が、児童手当や子育て支援事業、仕事と子育ての両立支援事業などに要する費用の一部として、全額負担するものです。健康保険屋厚生年金保険料を納める時に、一緒に徴収されます。)

平成30年4月〜 0.29%。

         ↓

平成31年4月〜 0.34% となっています。

平成31年4月分は5月納付となりますので、納付額の計算にお気をつけください。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

ご質問などは、コーチ社労士事務所へご連絡ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!

本日も、ご覧いただきありがとうございます!

コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

タイトルにあります通り、「外国人雇用状況の届出」は、すべての事業主の義務であり、外国人の雇い入れの場合はもちろん、離職の際にも必要です。

外国人雇用状況の届出制度は、「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」に基づき、外国人労働者の雇用管理の改善や再就職支援などを目的とし、すべての事業主に、外国人労働者の雇入れ・離職時に、氏名、在留資格、在留期間などを確認し、厚生労働大臣(ハローワーク)へ届け出ることを義務付けています。

(※届出を怠ると、30万円以下の罰金が科されます。)

 

(1)雇用保険の被保険者である外国人にかかる届出

雇用保険の被保険者資格の取得届又は喪失届の備考欄に、在留資格、在留期間、国籍・地域等を記載して届け出ることができます。

 

(2)雇用保険の被保険者ではない外国人にかかる届出

届出様式(第3号様式)に、氏名、在留資格、在留期間、生年月日、性別、国籍・地域等を記載して届け出てください。

 

詳しくは、「外国人雇用状況届出書」をご覧ください。

ご質問などは、コーチ社労士事務所へご連絡ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!

本日も、ご覧いただきありがとうございます!
コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

5月に入り、労働保険の年度更新の時期が近づいてきました。
新年度の概算保険料を納付する為の申告・納付と、
前年度の保険料を清算する為の確定保険料の申告・納付、
という大切な手続きですので、期日内に手続きをしましょう。
(期日までに申告書の提出がないと、政府により保険料・一般拠出金額を決定し、
さらに追徴金も課される場合があります。)

(注意点)

・事業を廃止した場合
(対象となる労働者がいなくなった場合も含みます)

・現在は労働者を雇用していないが、今後、雇用する見込みがあり、
 引き続き労働保険を継続する場合

上記の場合でも、申告書の提出は必要ですので、
必ず提出しましょう。

ちなみに、今年は2019年6月3日(月)〜7月10日(水)の間に申告・納付となります。


詳しくはこちらのパンフレット(継続事業用)をご覧ください。

ご質問などは、コーチ社労士事務所へご連絡ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!