本日も、ご覧いただきありがとうございます!
コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

本日は、外国籍の従業員さんを採用する際に提出が必要となる、「ローマ字氏名届」について書きたいと思います!

近年は、外国籍の従業員さんを採用されている会社さんも、少なくないのではないでしょうか。

外国籍の従業員さんを採用し、社会保険の資格取得届を提出する際、

 ・個人番号と基礎年金番号が結びついていない 方

 ・番号制度の対象外である方

については、社会保険の資格取得届等(氏名変更届、国民年金第3号被保険者関係届)と併せて「ローマ字氏名届」の提出が必要になります。

 

外国人被保険者の年金記録の適切な管理を行う観点からだそうで、このローマ字氏名届を提出されますと、その後年金機構から送付される通知書や健康保険被保険者証はカナ氏名で表示されます。

記載は、在留カードや住民票に記載されているローマ字氏名を、大文字で記載するとのことです。

また、被扶養者の方が外国籍である方についても提出が必要となりますので、そこもご注意くださいね。

資格取得届等を提出する際に一緒に提出できるように、準備しましょう!

詳しい書き方などは、こちらをご覧ください。

ご質問などは、コーチ社労士事務所へご連絡ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!

いつもありがとうございます!!
コーチ社労士事務所 代表の池澤です。

今日の午後は、株式会社ワーク・ライフバランス
代表取締役社長 小室淑恵氏による
「経営戦略としての働き方改革」セミナーに参加してまいりました

時間当たりの生産性を高める働き方改革を推奨している
小室さん、3時間分ありそうなセミナーを超スピード90分で
お話しくださいました
が、理論がしっかりしているのと実績の数々で
お話しはわかりやすく、今後の働き方改革セミナーに向けて
非常に有益な情報をいただきました

早過ぎてメモが取れなかった。。。

これからの経済発展に向けて
・なるべく男女ともに働く
・なるべく短時間で働く
・なるべく違う条件の人をそろえる

長時間労働を是正し時間制約の中でパフォーマンスをあげていくこと
短時間で成果を出すトレーニングをすること
働く人の多様性を受け入れ尊重できる組織をつくること

目覚めから13時間で集中力は切れるので
これ以降に仕事をしないこと
朝4時~5時に起きている私は
18時以降に仕事をしてはいけないってことですね

これからの経営で求められることは
・時間制約のなかで成果をあげること
 仕事の出来る人に仕事を集中させない

・やめる・断る選択
 その仕事をやめないことで起きているチームの疲弊・離職を防ぐ

・対面へのこだわりを捨てテレワークを「真の報酬」として活用

・自分の話の長さ・ITスキルの低さで部下の作業時間を取らない

・心理的安全性を作るのが一番の仕事。弱みをうまく自己開示する
 管理職は完璧であろうとしない

・自分自身のワーク・ライフバランスを実施し自己研鑽に励む

一緒に、多様化時代に即した、新しい経営スキルを身につけていきましょう

重要なのは時間の使い方
出社時に1日の業務予定を立て、終業時に1日を振り返り
時間の使い方や業務進捗等を見える化して

仕事上での、アイディアを沸かせましょう!
効率的に終わり評価をUPさせましょう!
視野を広げて企画力をUPさせましょう!!

そして
家庭や私生活では
心も身体も健康に!外部との交流で人脈も広げましょう!
自己研鑽をつむ時間を取りましょう!

ワークライフシナジーを!!

今日もお読みいただきありがとうございます。

働き方改革に向けてのご相談も賜ります。
仕事はサクセス、プライベートはハピネス!

 

 

 

本日も、ご覧いただきありがとうございます!
コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

台風がまた近づいてきていますね。大雨予報となっていますので、皆さまご安全にお過ごしくださいね。

本日は、就業規則の労働基準監督署への提出について、書きたいと思います!

以前、私は労働基準監督署にて、就業規則を管理する部署で働いておりました。

監督署に就業規則等(賃金規程や育児介護休業規程なども含みます)を提出する義務があるのは、常時10人以上の労働者を有する事業所となります。

この「10人以上」には、パート、アルバイトなど、社員以外の人数もカウントし、派遣労働者については、派遣元の事業所の労働者にカウントされます。

そして、事業所のある場所ごとに10人以上、ということになりますので、本社があり、支店が何店舗もあるような会社さんですと、その本社・支店ごとに10人以上労働者がいれば、その本社・支店ごとに提出が必要となります。

「就業規則(変更)届」、「意見書」を各該当事業所分作成しましたら、各事業所ごとに労働者代表を定めて、意見と、署名または記名押印を記します。

私が監督署でチェックしていた際には、この「意見」を記入していないまま提出されている事業所さんがとても多いように感じました。

意見がないという場合でも、「意見なし」や「特になし」など記入していなければ、労働者代表の意見を聞いたか聞いていないかを示すことができません。

意見記入がないと、受付の時点で戻されてしまいますので、提出の際には、意見を記入しているかチェックしてから提出すると良いですね!

なお、意見内容は「賛成意見」でも「反対意見」でも、受理には影響しません。

こちらのページにも参考がありますので、ご覧ください。

ご質問などは、コーチ社労士事務所へご連絡ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!

本日も、ご覧いただきありがとうございます!
コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

蒸し蒸しとしたお天気が続いていますが、本日も元気に過ごしましょうね!

最近、仕事以外での場所でイベントのお手伝いなどさせていただいておりまして、宣伝したり、参加者集めに奮闘しております。その中で、相手にどう伝えたら興味を持ってくれるのか、自分が以前参加して良かったところや、相手にとってプラスになるような情報をどう伝えられるのか、相手によってもそのプラスとなる情報は違ってくるから伝え方を変えたり……などなど考えながら、活動をしていました。

自分が伝えたことで、相手の方が興味を持ってくれたり、参加してくださったり、さらに自分の知り合いの方に広めてくださると、伝わったことが嬉しく感謝や喜びを感じます。

「相手を動かすコミュニケーションをしよう!」と、コーチ社労士事務所の所長、池澤に日々言われていることが、こうやって仕事以外の場所でも役立っており、仕事、プライベート、家庭、趣味の場、様々なステージで切っても切り離せない「伝える」ということ、もっと勉強しながらこのブログも書いていきたいと思いました。

自分では伝えたと思っても、相手にとっては違う意味でとらえられている、ということは、仕事でもプライベートでも、ありがちなことかと思います。ご自分の伝え方について、一度、客観的に考える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

当事務所は、コミュニケーション研修も行っており、職場でのコミュニケーションについても勉強できますので、ぜひこちらのページもご覧ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!

本日も、ご覧いただきありがとうございます!
コーチ社労士事務所 コンシェルジュの川村です。

今日は、労働保険事務組合に事務委託をしている事業所さんの、労働保険料の口座振替依頼書の書き方について、疑問に思ったことを共有したいと思います。

*口座の名前(フリガナ)は、通帳に記載されている通りそのまま記入し、記号などは使わない。(「カ)」など省略せずに、「カブシキガイシャ」と記入するなど)

*「○○会社 代表取締役 ○○○○○」など名称が長い場合は、フリガナの文字数がその分多くなり枠内に書ききれない時があるが、枠外の余白の部分になっても良いので最後まで記入する。

いざ記載する時になって疑問が出てくる部分かと思いますので、事務仕事をされている方は知っておくと良いかと思います。

以上、口座振替依頼書の書き方について、素朴な疑問点をお知らせいたしました!

ご質問などは、コーチ社労士事務所へご連絡ください。
本日もご覧頂きありがとうございました!